化粧品輸入代行を利用したりOEMを知ろう【到着はやっっ】

Happy man

化粧品のOEMとは

化粧品でOEMを活用するにあたって

Man

OEMとはOriginal Equipment Manufacturingの頭文字を取ったものです。 その意味するところは、販売ノウハウはあっても製造設備を所有していなかったり、その能力が十分でない企業の代わりに、製造能力が十分にある企業が代理製造を行うことです。製造業界の様々な分野がこの手法を取り入れていますが、化粧品業界も例外ではありません。 化粧品製造には工場や技術は勿論、許可も必要になってきますので自社だけで全てをカバーするには潤沢な資金と人出とノウハウが欠かせません。そこでこのOEMを活用したビジネスモデルを取り入れようとする企業が増えていますが、メリットだけではなくデメリットがある点にも注意すべきでしょう。また、化粧品を自社で製造していなくとも販売するには化粧品製造販売業許可が必要になりますので、その許可を得ておかなければならない点にも注意しておく必要があります。

メリットとデメリット

まずOEMのメリットとしては、販売力さえ持っていれば化粧品に対する知識や製造ノウハウが無いような状態であっても自社ブランドの化粧品を販売することができるようになることでしょう。また、在庫やコスト面でのリスクを抑えることもできます。それによって、自社ブランドのブランディング活動に専念することができるようにもなります。 一方でデメリットとしては、OEMメーカーに製造のほぼ全てを委委任することになりますので、メーカー側の状況によって製造品に影響が出てくるという点です。その結果、納品が長引いてしまって結果的にコストが増大してしまう可能性があります。また、製造から販売までを自社で担っていれば全てのノウハウを蓄積していくことができますが、OEMを活用した場合は製造に関するノウハウを蓄積していくことができません。