化粧品輸入代行を利用したりOEMを知ろう【到着はやっっ】

Happy man

良い点

化粧品を販売するためには

Man

化粧品は、主に人の容姿や美容を高めるために使われるものを指し、法律によって定められているものです。一般には女性が使用するファンデーションや口紅などが想像されますが、ほかにも美容を保つためのものとして化粧水やクリームなども含まれます。また男女ともに共通して利用する石けん、シャンプー、歯みがきも化粧品に含まれており、これらを製造および販売をするためには、法律に則ったルールで行う必要があります。化粧品の販売体系は、製造販売と小売販売の2つがあり、製造販売の場合には化粧品の製造や輸入などを行うものであり、化粧品製造販売業許可と製造許可を取得必要があり、また製品ごとに化粧品製造販売届けが必要です。一方で、小売販売では特に届け出の必要はなく国内で販売が許可されている化粧品であれば自由に販売することができます。

OEMを使うことで得られるメリット

化粧品を作り販売するためには、関係する行政機関への許可や届け出のほかにも化粧品の製造設備を作る必要があるなど非常に初期投資の費用が掛かるものです。そこで行われているのがOEMです。OEMは目的に応じて商品を専用に製造している会社に商品の製造してもらい、自社のブランドで販売するというものです。化粧品OEMの場合にも販売には製造販売許可業が必要になりますが製造許可業を得る必要はなく、工場を建設するといったコストを削減できるメリットがあります。またOEMを行っているところによっては既成品を自社ブランドとすることも可能ですし、独自開発することも可能で、特に事業をはじめたばかりの場合には費用を抑えてこの分野に参入することができます。